建築施工図
/D.U

近畿ブロック 京都支店/2016年新卒入社/建築学科卒

施工図を描く魅力は?

学生時代は実施設計よりも基本設計に興味がありました。むしろ、施工図は存在すら知りませんでした。ところが、施工図の役割を初めて知った時、建物を支えているのは施工図に詳細に描かれた一つひとつの線や数値だと気づきました。線が多く、図面の記載は細部にまで渡るので大変なことも多いですが、その中で考えを巡らせ、制度の高い施工図を描くことは面白いです。また、生産設計(施工図)は需要がとても多く、将来性が豊かな点も魅力だと思います。

やりがいを感じた瞬間は?

新幹線に乗った際、ある区間に差し掛かると私は決まって車窓から外を眺めます。その理由は、以前担当した食品メーカーの製造工場が見えるからです。東海道新幹線が通るルートのすぐ脇に立地しているということで“新幹線からの見え方”にもこだわったため、見栄えは抜群! 新幹線に乗るたびに「こんな大きな建物の建築に貢献できたんだ」とやりがいと感動に浸っています。

池下設計の魅力は?

創業44年の歴史で培ったスーパーゼネコンからの信頼の大きさは魅力だと思います。私自身、入社からわずか2年ほどの間に、3社のスーパーゼネコンの大規模プロジェクトに参画させていただき、なかなか味わえないような達成感と学びを得ました。大規模の現場に次々と送り出してもらえるのは、池下設計のすごさだと思います。

今後の目標は?

建築業界のプロフェッショナルとして活躍できる人材になることが目標です。池下設計の先輩方には、すべての施工図の管理や業者への依頼などを任せられているような“スゴ腕”ばかり。そんな方々のように信頼され、多くの役割を任せていただける人材になりたいですね。また、一級建築士を取ることも目標のひとつです。建築のプロを目指す上で必ず取得したいので、勉強に励んでいます。