建築施工図
/Y.W

関東ブロック 北関東支店/2015年中途入社/建築設計科卒

池下設計での貴重な経験は?

池下設計では今、BIM(Building Information Modeling)に注力しており、私もいくつかの現場でBIMを使う機会をいただきました。BIM自体の課題もあってプロジェクトは大成功とはなりませんでしたが、BIMのスキルやノウハウを習得できましたし、自分自身の成長も感じることができました。近い将来BIMが建築業界の主流になっていくことを考えると、かなり貴重な経験をさせていただきました。

心がけていることは?

スピード感がとても大事な仕事だと思いますが、焦って間違いを起こしてしまっては本末転倒です。ミスによる施工図の出し戻しほど非効率なものはありません。そのため、丁寧に資料作成やきめ細かなチェックにより間違いを無くすことで効率的、かつスムーズに仕事を進めています。後になって「丁寧にやっておけば…」と後悔しないように、細かい部分までしらみつぶしにマーカーでチェックしていますね。

池下設計の魅力は?

定期的なミーティングや社内イベント(スノーボード旅行やフットサル等)があるので、普段はなかなか会えない人とも情報共有できる点は魅力です。そのような場を通じて“このケースではどう対処すべきか”“同世代の方たちはどのように知識を深めているのか”などの意見交換ができるので、自分の“引き出し”を増やす絶好の機会になっています。

今後の目標は?

上司が何も分からない私に丁寧に教えてくださったように、私も後輩から慕われる存在になっていくことが目標です。また、BIMに関しては賛否両論あり、「使えない」「無理だ」という声も結構ありますが、障害となっている問題が解決されていけば、そのようなネガティブな声も消え、BIMに対する見方も変わっていくはずです。BIMはそれくらい可能性のあるものなので、スキル・ノウハウの習得に努めたいですね。