エンジニアと
事業責任者をこなす
主役級のバイプレイヤー

建築施工図
/R.I

近畿ブロック 大阪支店/2016年新卒入社/建築CGデザイン科卒

仕事内容は?

3DCADで平面詳細図の修正や展開図の作成をしています。具体的には、上司が打ち合わせた内容や要望などのさまざまな情報を、施工図として現場の作業員の方に伝えるのが私の役割です。工事現場で働いている方々は、仕事内容こそ違いますが、“建物を完成させる”という同じ目標に向かって頑張っています。ミスや遅れが発生して工程に影響が出ないように、報告・連絡・相談を忘れず、責任をもって仕事に取り組んでいます。

仕事のやりがいは?

私が新入社員の頃、大規模な病院の建設に携わらせていただきましたが、当時は建築の知識も少なく「私で大丈夫だろうか…」と不安が募っていました。しかし「無事に進められているよ」と声をかけてくださりましたし、自分が関わった建物が完成に向かっていく様子を見て大きな感動を味わうことができました。さらに、完成後には私の知人がその病院を利用していると聞き、“二重の喜び”を感じました。

大変なことは?

仕事量が多く、修正依頼や資料作成、突発的な仕事などに対応しなければならず、大変なことが少なくありません。しかし、周囲の方から「頑張り屋さんだね」と声をかけてもらうこともありますし、初めて携わった案件を離任する際には、面倒を見てもらっていた方から「仕事も早いし、いてくれてよかった」と褒め言葉をいただけたこともありました。多少つらいことがあっても、周囲の方々の温かい支えのおかげで「また笑顔で頑張ろう!」と仕事に向き合えています。

けんせつ小町の働きやすさは?

初めて着任した現場で思ったことは、“けんせつ小町(建設業で働く女性の愛称)”への配慮の大きさです。建設業界は男社会のイメージが強かったですし、新入社員の私が役に立てるのか不安でいっぱいでした。ところが、けんせつ小町として活躍できる場所を作ってくださり、のびのびと働くことができました。それ以来、建設業界に対するイメージががらりと変わりましたし、この業界で働いていく自信もつきました。